ベビーコラーゲン療法

ベビーコラーゲン療法

ベビーコラーゲン療法

「自費研」という雑誌で取材されました。

最新の治療、ベビーコラーゲン療法についてです。

ベビーコラーゲンとはⅢ型コラーゲンとのこと。

赤ちゃんのお肌に多いコラーゲンなのですが、25歳を過ぎると

徐々に減っていくコラーゲンなのです。

DSC_2484

Ⅲ型コラーゲンが減るとしわやたるみが出現するとわかってきました。

そのしわを従来ヒアルロン酸注射で膨らませてごまかしていたのですが、

膨らませる治療をおこなうと水分を集めてむくんだ顔になるために

注意が必要でした。

DSC_2663

ベビーコラーゲン療法は根治的に加齢によって足りなくなる

Ⅲ型コラーゲンを補うため、ただただ自然に若返るというのが特徴です。

40代以上の方はヒアルロン酸のみの治療よりも

ベビーコラーゲン療法を併用するほうがおすすめです。

20150903132513

現在銀座美容研究所でわかってきた肌解析装置の

結果もふまえたベビーコラーゲン療法の詳細につき

11月29日にセミナーを行うことになりました。

医療関係者の皆様、詳しくはこちらをご覧ください。